原因がよく分からない腰骨や腰周辺の筋肉の痛みのことを、一般的に「腰痛症」と呼ぶことがあります。腰が痛いのに、レントゲンやMRIなどで検査しても原因を特定できないことがあるのです。

したがって、ヘルニア、坐骨神経痛、内臓の病気など、腰痛の原因が特定している腰の痛みは、「腰痛症」と呼びません。骨や神経などに原因が見つからないのに腰周辺が痛む症状が「腰痛症」と言えます。

このように、腰痛症はあいまいなことばですので、その症状は多岐にわたります。例えば、ぎっくり腰のように腰に急激な痛みが襲う場合、腰全体がだるくなるような痛みの場合などです。

ぎっくり腰ならば「急性腰痛症」、腰の痛みがずっと続くようなケースならば「慢性腰痛症」などと診断されるでしょう。

腰痛症は発症する頻度の高い症状で、おそらく誰でも一生に一度は経験すると言われています。もしも原因がはっきりせず、腰周辺の痛みが続くようでしたら、腰痛症の可能性を考えた方が良いかもしれません。

急性腰痛症

急性腰痛症は「ぎっくり腰」と呼ばれているような痛みのことです。

重い物を持ち上げたり、腰を捻ったりした時に、腰にギクッと急に瞬間的な痛みが走り、痛くてその体勢から動けなくなってしまうような状態を指します。くしゃみをしたときに発症することもあります。

痛みが非常に強いため、腰を曲げることも動かすことも困難になります。腰の負担が少しでも軽くなるように、横になって安静にしているしかありません。そして出来るだけ早めに患部を冷やします。消炎鎮痛薬や筋肉の緊張を緩和する薬があれば良いのですが、無ければ熱冷ましのアイスバッグでも構いません。

慢性腰痛症

慢性腰痛症とは、原因不明の腰の痛みが酷くなったり和らいだりする状態が、半年以上継続しているような状態のことを言います。

腰の痛みの原因がはっきり分かっているものは慢性腰痛症とは呼びません。それぞれ別の病名、症状名があるはずです。