なぜ長時間座っていると腰が痛くなるかというと、上半身の重さが全て腰にかかってしまうからです。

上半身の重さは体全体の約7割と言われていますので、相当な重さが腰にかかることになります。この状態が長時間続くと、次第に腰の筋肉が緊張してきます。血の巡りが悪くなり、腰への血行不良が起きたりします。また、神経を圧迫する原因にもなります。

以上のようなことから、長時間座り続けていると、腰痛になる原因を作ってしまいます。

そこで、出来るだけ長時間座りっぱなしにならないようにしましょう。途中で休憩を入れて、軽い体操やストレッチをするのも効果的です。

座っている姿勢を悪くしないことも重要です。猫背にならないように、姿勢を良くした方が腰の痛みを避けることができます。日常的に運動して筋力を上げておくことも、腰の痛みの予防になります。