坐骨神経痛に効くと言われているツボはいくつかあります。ツボを刺激する際には、親指でゆっくりと押すというのが基本ですが、指では押しづらい方はツボ押し棒などを使っても良いでしょう。

■大腸兪(だいちょうゆ)

大腸楡は便秘に効くツボとして有名ですが、腰痛や坐骨神経痛の症状緩和にも効果があります。
ツボの場所は、背骨の指二本分くらい外側、腰骨あたりの高さにあります。両手を腰の方に回せば自分でも押すことができるでしょう。あまり力を入れ過ぎないように指圧してください。

■腎兪(じんゆ)

腎兪は腎臓系、婦人科系の各種症状に効くツボとして有名です。腰痛や坐骨神経痛にも効果があると言われています。
ツボの場所は、ウエストの一番くびれたところ、または、おへその横をそのまま背中の方に辿っていき、背骨の指2本分くらい外側です。大腸楡のツボの指3本分くらい上にあります。

■委中(いちゅう)

委中は膝や腰の痛みに効くツボです。即効性があると言われています。
ツボの場所は、ひざの後ろにある横ジワの中央あたりです。