長時間いすに座り続けるデスクワークをしている場合、坐骨神経痛になりやすいと言えます。

デスクワークをしている人は常に同じ姿勢でいることが多いです。その姿勢が坐骨神経痛に良くないと分かっていても、なかなかその姿勢を矯正するというのは難しいでしょう。

デスクワークの姿勢は椎間板にとって良くない姿勢です。
その姿勢を長時間続けていると、腰椎の前弯がなくなってしまいます。椎間板を傷める方向に力が加わり、それが長時間続いてしまうので、坐骨神経痛になりやすいのです。

坐骨神経痛を防ぐために、このような体にとって良くない姿勢に長時間ならないように工夫をしてみましょう。
例えば、巻いたタオルやクッションをいすと腰の間に置いて、腰椎の前弯がなくならないようにして座るようにしてみます。

慢性腰痛の人などは、坐骨神経痛を防ぐためにも、このような工夫をしたり、同じ姿勢にならないように休憩を取るようにしましょう。