坐骨神経痛を改善する漢方薬としては、生殖ホルモン系や免疫系など生命エネルギーの源を強化する効果や血行を促進する効果が期待できるものとなります。冷えを改善したり、体全体の血行を良くして改善していこうという考え方です。

体質に合わせた漢方薬を服用しなければ効果は期待出来ませんので、漢方医などの診察を受けた上で処方してもらったほうが良いでしょう。

■疎経活血湯(そけいかっけつとう)
血行や水分循環を改善します。また、関節痛や神経痛、腰痛や筋肉痛などに効果があります。

■当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
血行を良くして体を暖め、貧血症状を改善します。痛みを和らげる効果もあります。

■桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
血行を良くする漢方薬です。のぼせや冷えを改善します。

■牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)
体力を付けたり、水分の循環を良くします。足腰の冷えや痛み、しびれに効果があります。

■芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)
けいれん性の痛みをやわらげる漢方薬です。筋肉のつっぱりやこわばりを伴う筋肉痛や神経痛、腰痛、肩こり、生理痛など様々なに広く用いられています。