坐骨神経痛は、原因が腫瘍や感染症などでなければ、予防することが可能です。

坐骨神経痛を予防するためには、日頃の姿勢に気を付け、背骨の関節や椎間板への負荷を少なくすることが非常に大切です。

体に歪みがあったり、負担のかかる体勢を長時間取っていると、坐骨神経が圧迫されて坐骨神経痛が起こってしまいます。
特に、足を組む人、肘を付く人、椅子に座る時に浅く腰かけて背中が曲がっている人などは危険です。
常日頃正しい姿勢で過ごすことを心掛けなければ、坐骨神経痛を起こしてしまう可能性があります。

坐骨神経痛は一度発症すると、定期的な治療が必要となってしまいます。
自分では正しい姿勢のつもりでも、体は少しずつ歪んでいってしまうものです。
いつも注意して、坐骨神経痛が起こらないようにしましょう。

予防するためには、次のようなことを心掛けましょう。

  • 体が歪んでしまうような癖や習慣を止める
  • 長時間同じ体勢を続けない、体の特定部分への負担を軽減させる
  • 姿勢のバランスが崩れないように、体の歪みを矯正する
  • 体操やストレッチで筋肉の柔軟性を保つ