坐骨神経痛は、様々なことが原因で起こります。
なぜならば、坐骨神経がお尻から足にまで伸びている長い神経だからです。
発症した場所と症状によって、原因が変わってきます。

何らかの病気の症状として表れることもありますし、ストレスが原因で発症するということもあります。
年代によっても原因が異なる可能性があります。

代表的な坐骨神経痛の原因については次のとおりです。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアの症状として表れる坐骨神経痛は、横向きに寝て足を伸ばした状態で、上に持ち上げようとすると痛みを生じます。
20~30歳代の若年層の場合、この腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の割合が半数近くを占めるといわれています。

梨状筋症候群

梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)は、坐骨神経が怪我やスポーツなどが原因で圧迫されることで起こり、足や腰に痛みやしびれなどを感じます。

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、50歳以上の中高年齢者に多い坐骨神経痛の原因です。
脊柱管(背骨中央にある脊髄の通り道)が、老化など何らかの原因で狭くなってしまう症状です。
脊柱管が狭くなることで神経が圧迫され、坐骨神経痛の症状が表れます。

腰椎分離すべり症

関節で支えられている腰椎が分離して不安定になり、前方へすべってしまう症状です。
すべったことで腰部の神経を刺激し、坐骨神経痛の症状が表れます。