坐骨神経痛の治療法ですが、痛みが発生している原因や痛みの度合いによって、医師が最適な治療方法を選びます
手術は、他の治療法で改善の見込みが無い場合に行われます。

薬物療法

薬物療法は、よく行われている治療法です。
痛み止め(消炎鎮痛剤)、筋緊張弛緩薬、血管拡張薬、湿布などが処方されます。

物理療法

物理療法とは、腰の筋肉の過剰な緊張を緩和させる治療法です。
温熱(ホットパックなど)、赤外線、マイクロ波、マッサージなどで血流を促進させます

コルセット療法

これはコルセットを装着する治療法です。
コルセットで腰を支え、坐骨神経痛の出る姿勢にならないようにします。

運動療法

歪みをとるための体操やストレッチを行います。坐骨神経を圧迫している箇所を正常に戻すことにつながります。
この療法は、症状が軽くなってから、理学療法士の指導の下で行うものです。
誤った方法では腰痛を悪化させてしまいますので、注意が必要です。

神経ブロック療法

神経ブロック療法は、神経やその周辺組織に麻酔を打つことによって、脳へ痛みの信号が届くのを遮断し、痛みを感じないようにするという治療法です。