座骨とは、いすに座ったときに座面に当たる、お尻の骨の下の部分です。
坐骨神経は、お尻から太ももの裏を通り、ふくらはぎかかとまで伸びている神経です。
したがって、坐骨神経痛は、これらの箇所に痛みが生じる症状となります。

坐骨神経が圧迫されることなどによって痛みが生じます。
神経が障害を受ける箇所によっては、歩く度に痛みを感じることもあります。
腰痛と一緒に発症することも少なくありません。

椎間板ヘルニアなどの病気の症状として坐骨神経痛が表れることもあります。
梨状筋症候群変形性腰椎症腰部脊柱管狭窄症などの可能性もあります。

最初のうちは鈍い痛みが走る程度ですが、悪化すると、どこに痛みが出たとしても、歩いたり立ったり座ったりなどの日常生活で必要となる動作に支障をきたすでしょう。

坐骨神経痛は坐骨神経のどこが圧迫されているのかによっても、痛みの度合いが変わります。
例えば次のとおりです。

  • お尻にしびれや痛みを常に感じる。
  • 座る時にも激しい痛みを感じる。
  • 腰を動かすと足が激しく痛くなる。
  • 腰に強烈な痛みを感じる。
  • だるさや灼熱感がある。
  • 太もも、かかと、ふくらはぎなどにしびれを感じる。
  • 足に力が入らない。
  • 足に激しい痛みを感じるため、歩くのが難しい。
  • 足が痛くて立っているのが辛い。

坐骨神経が圧迫されている限り、この痛みは治まりません。
整形外科を受診して、坐骨神経痛の原因を特定させ、治療しなければなりません。