神経ブロック注射治療とは、痛い場所の神経の近くに局所麻酔薬を注射し、一時的に神経を麻痺させ、「痛い」という神経の情報を脳へ届かないようにブロックすることで、痛みで傷ついた部位を治療する方法です。

腰部硬膜外神経ブロック注射をすることによって坐骨神経痛を和らげることができます。
局所麻酔薬は痛い部位周辺の筋肉をほぐし、血行を改善させますので、痛んだ神経や筋肉を効果的に回復させることが可能です。
つまり、単なる対症療法ではありません

ただし、坐骨神経痛を完治させることはできません
坐骨神経痛は、何らかの病気が原因で坐骨神経が圧迫されて痛みが起こることをいいます。そのため、神経ブロック注射で痛みを和らげることは出来ても、根本となる病気を完治させない限り、再び痛みが出てきてしまいます。

腰部硬膜外神経ブロック注射は坐骨神経痛以外に、ぎっくり腰、慢性腰痛症、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎圧迫骨折、帯状疱疹、閉塞性動脈硬化症などにも有効です。

神経ブロック注射で坐骨神経痛の痛みを抑えている間に、坐骨神経痛の原因となっている病気の完治を目指しましょう。