坐骨神経痛の運動療法には幾つか種類があります。ただし、どの方法も医師に相談の上、症状に合わせてできる範囲内で行うようにしてください。無理をすると逆に悪化してしまう恐れもあります。疲れが酷かったり、痛みが出てきたらすぐに止めて、医師の指示を仰ぎましょう。

●ウォーキング、水泳、ストレッチ

ウォーキングや水泳は、無理のない運動となります。腰やその周りの筋肉を強化できます。腰の柔軟性を高めることができます。ストレッチも柔軟性を高めるのに効果的です。

●腹筋運動、背筋運動

腹筋運動や背筋運動は、自宅で誰でも簡単にできる運動です。無理せずに、全力の7割くらいの回数で行うようにしましょう。例えば50回出来る方ならば35回程度にしておきます。