坐骨神経痛は妊婦に多い症状です。

妊婦は胎児が育つにつれて体重が増加して、骨盤も緩くなっていきます。
骨盤が緩くなると、体のバランスを取っている部位に歪みが生じてしまいます。
また、お腹が大きくなると重心が変わります。

そうなると、今までは負担のかからなかった部分に体重がかかりすぎたり、特定の箇所だけ体重がかかり、ますます歪んでしまいがちになります。

そして、坐骨神経に沿っている箇所に過度な負担がかかった場合、それが坐骨神経を圧迫する原因となり、坐骨神経痛が起こってしまいます。

また、妊婦は急激に体重が増加しますので、体の重さに耐える準備ができないうちに体重が増えてしまって、坐骨神経を圧迫している可能性もあります。

妊婦が坐骨神経痛を起こさないためには、体のバランスを崩さないように、日頃から姿勢に気を付け、体の疲労を出来るだけ溜めないようにしましょう
妊娠前から体をある程度鍛えておくことも効果的です。

もしも坐骨神経痛になってしまった場合は、医師に相談して適切なアドバイスをもらうようにしてください。
通常ならば痛み止めの薬を飲むことができますが、胎児への影響を考えますと、薬の服用は注意が必要ですので、医師の判断を仰ぎましょう。

妊娠中にできる骨盤ベルトもあり、その骨盤ベルトで坐骨神経痛を改善することもできますで、医師と相談してみてください。