坐骨神経痛の症状の改善のために、自分に合ういすを見つけることは効果的です。

坐骨神経痛の場合、いすに座わっていると、お尻や下肢に痛みが出ることがあります。いすに座っている時、腰には相当な負担がかかっています。その負担の大きさは、いすによって変わってくるのです。したがって、自分に合ういすを選ぶことは、坐骨神経痛の症状の改善や予防につながります。

また、いすの形以外に、座る時の姿勢や座り方も大切です。正しい姿勢で座れるいすを見つけるか、今使っているいすで腰に負担をかけないように座るための工夫すると良いでしょう。例えば、腰痛対策用のクッションをお尻の下や背中に置いたり、足置き台を使うなどして、痛みの出にくい姿勢で座るようにしてください。

腰痛対策クッション 関連商品

机を使うのであれば、いすと机の高さの兼ね合いも重要です。いすの高さと机の高さが合っていないと腰に負担をかけてしまいます。いすか机の高さの調整できるものが理想的です。机の高さが調整できない場合は、足置き台を使って調整する方法もあります。